製造企業様にて監督者研修を担当させていただきました

昨日は、製造企業様にて、
監督者研修を担当させていただきました。

今回のテーマは「ヒューマンエラー」。

ヒューマンエラーは、意外に要因の深堀をせずに、
「不注意だった」
「見逃してしまった」
などの言葉で終わってしまいます。

でも「なぜ見逃したのか」を深堀しないと、
ポカヨケできないのですよね。

単なる転記ミスも、少量のものはミスしないけれど、
10項目以上はミス率が高くなるのであれば、
項目が増えた場合には自動転記する仕組みにするとか。

取り違えの要因が、掲示の見にくさであれば、掲示を変更するとか。

製造現場であれば、
間違えたら進めない、作業できないようにするのが、一番ですが、
現場状況によっては、なかなかそうもいかないこともあるので、
頭の使いようですね。

ミス・モレ・ヌケ潰し。
ダブルチェックでは、なかなか減らないものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA