会議ファシリテーション研修を担当させていただきました。

本日は、福島県内の医療介護系法人様にて、「会議ファシリテーション研修」を、担当させていただきました。

昨年、一昨年と基礎編をご受講いただいた方が、実践編としてご受講になってくださいました。

基礎編では、会議構成について主に伝えさせていただきましたが、実践編ではファシリテーションスキルについて中心に伝えています。

私の研修は、TO DO研修が多いので、すぐに使える「言葉」や「やり方」を、ミニワークを通して体験してみて、出来そうなものから、実務で活用していくというイメージ。

難しいなあ、と感じるものもあれば、これは出来るというスキルもあり。

どんなシーンで使うのかも解説するので、より実践に近いイメージが持てます。

実践編は2グループ2回に分かれて担当させていただきましたが、今回でひとまず、基礎編・実践編の、一通りが終了。

こちらの法人様は、350名程度の職員の方々が、体系的な教育を受けているので、非常にポテンシャルが高く、研修意図もしっかり汲んで、ご受講いただきました。

教育担当者様は専任で
「専任だからこそ、それをやらないとという覚悟ができる
「兼任だと、逃げることが出来るけど」
と、仰っておりました。

理念と教育研修に一貫性があり、ブレが無いのが、受講者を通してもわかります。

こんな法人様とのご縁をいただけることは、この上ない光栄です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA