食品系製造企業様にて、「メンター研修」を担当いたしました

昨日は、食品系製造企業様にて、「メンター研修」を担当いたしました。

昨年からスタートした、メンター制度導入。

そして今年度の初年度始動。

いまは、メンター制度の内製化指導に移行しています。

メンター制度は、しっかりと理解をして導入しないと、
失敗も多く、形骸化しやすいもの。

さらには社内理解、とくに経営層理解が無いと、
ほんの2・3年で「成果が出ないから」といって、
やめてしまう企業も多くあります。実にもったいないです。

こちらの企業様では、「若年層定着、離職防止」を目的に掲げ、
メンター制度委員会が自主的に立ち上がりました。

社内プレゼンを通って、準備から、今年の制度運営まで、
皆さん本当に本当に、一生懸命取り組んでこられたと感じます。

昨年は外部がかりだった部分を、全て内製化するために、
今年、委員会の皆さんは、講師トレーニングを実施しています。

研修見本を実施しながら、当社で作成した台本を、
みんなでブラッシュアップ。

ああしたい、こうしたい。
ああすれば、こうすれば。
「この制度を良いものにしよう」という熱気が、伝わってきます。

私は、これまで、様々な企業様で、様々な制度をつくり、導入してきました。

まるで他人事の会社もあれば、
このように自分事として、活気ある討議をしながら、
良い制度をつくりあげる気概を感じさせる会社もあると感じます。

良い組織風土というのは、
一朝一夕では創り上げることは出来ないもの。

この企業様の、普段からの取り組みが、随所に感じられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA