県内企業様に訪問しての会議ファシリテーションでした。

本日午前中は、リモートでの打ち合わせ。
現在、他県のお客様は全て、リモートでの面談や会議、打ち合わせです。
移動が無いので、打ち合わせの回数が増え、かなり業務進捗が出ます。

午後は、宮城県内企業様に、訪問しての会議ファシリテーションでした。
こちらの企業様では、評価項目策定を管理者の皆さまに、お取組みいただいておりますが、今回は現場を見ている監督者の方にも、同様の取り組みを実施していただきました。

会社全体で、共通認識が出てくるのは、今後の組織運営にとって、非常に効果的ですね。

管理者・監督者が、自社等級の差や、等級根拠を明確にすることは、評価する際のモノサシづくりにもつながりますし、業務指示にもつながっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA