仙台市内の販売企業様にて選抜管理者の研修でした

昨日は、仙台市内の販売企業様にて、選抜管理者の研修でした。

リアル研修なので、風通し良くして、全員マスク着用にて実施。

すでにTOC研修を受講済の面々ですが、
あらためて前半はTOCをダイスゲームで実施。

前半講師は、パートナーの 狩野 恵子講師です。

後半は、講師をバトンタッチして、
そこで得た内容を、実業務につなげていくために、
後半は自社・自店の業務を細分化して、
どこにボトルネックがあるのかを、洗い出し。

業務分掌や業務プロセスを、参加型で作成するときの手法を使って、
可視化しながらのワークです。

あらためて洗い出すと、感覚で感じていたボトルネックと、
実際に生産能力が低くなっている部分は、違うことにも、気づきます。

そして、そのネックは、つながっており、
全体的なバラツキがあることにも、気づくのです。

これ、製造業だと、
実際の負荷数値などで可視化できるので、わかりやすいですよね。

今回は、販売業様の若手選抜者なので、
参加型・体感型で実施していただき、
スーパーバイザーが参加して、質問・助言を行なうという形式を取りました。

やっぱりリアルワークは、受講者の気づきが多く、いいですね♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA