菅政権の中小企業再編に思うこと

菅政権の中小企業再編が、より色濃く出てきたようだ。

デービット・アトキンソン氏の考えに傾倒していると報道されているが…

最低賃金の強制的引上げと、年5%水準での定期昇給ができない
企業の淘汰について着手するとなると、
中小企業はどうなるのだろう。

机上論では生産性の低い日本の大きな改革案になるのだろうが、
かなりの痛みが伴うのではないかと思う。

中小企業の賃金設計をしている身には、恐ろしくさえ感じる。

ますます、生産性向上と、昇給原資確保を真剣に考えていく必要がある時代。

弱者切り捨てが生む結果についても、想像力を巡らせてほしい…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA