金型製造企業様の選抜者研修を担当いたしました

昨日は終日、金型製造企業様の選抜者研修を担当いたしました。

前回から年間計画でスタートした、この選抜者研修。

不良・不具合の対策への考え方を、
根本から身につける学びの場です。

単に「対策書の書き方」だけではなく、
真因の見つけ方、ロジカルな対処策の立て方を、
基本から身につけていきます。

金型製造の現場では、職人気質の方も多く、
ともすると「暗算的思考」になりがち。

プロセスを紐解くことなく、パッと見れば
「ああ、この不良は、この原因だな」
と暗算のように出てくる職人さんが多いのです。

それはとても素晴らしい経験値・経験則ですが、
それでは不良も不具合も、根本から潰し、
恒久的対策が取れずに終わることもあります。

今回は、若手が中心で選抜されたので、
課題発見や真因発見、そして課題解決や恒久対策など、
不良・流出対策の向上に役立つ基礎的知識を、
徹底的に学んでいただきます。

昨日はワークに夢中になりすぎて、写真を撮るの、忘れてしまった…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA