法人会誌に寄稿しました~ダメな社員の育て方・伸ばし方

【法人会誌に寄稿しました:ダメな社員の育て方・伸ばし方】
先日、『困った社員』について
「来年早々に、法人会誌に掲載されます」
という投稿をしましたが、11月の間違いでした!申し訳ないです💦

今回は、
『社員を活かす仕組みと、関わり方~ダメな社員の育て方・伸ばし方』
というタイトルでの寄稿です。

「ダメな社員」というタイトル、悩みましたが、
ストレートに行こう!と考えて、
敢えて、この表現にしました。

今回は、「ダメ社員と言われてしまう人のタイプ」を、
大きく5つピックアップして紹介しています。
・言語理解力が低いタイプ
・ミスを繰り返すタイプ
・仕事を完遂できないタイプ
・時間や期限にルーズなタイプ
・場当たり的に仕事をするタイプ
などなど。

もっとタイプは色々あるのですが、今回は、この5つについて。

こんなタイプがありますよ、だけではなく、
どのような仕組みを取ればスムーズにいくのか、
どのように育てれば・関われば効果的なのか、
についても書いています。

私は、「仕事ができない人」がいる組織こそ、
その人ができない作業や業務を仕組み化することで、
「誰もが取り組みやすい仕事」
「成果があがる方法」
に変えることができると信じています。

それは、その組織の財産ですよね。

ご興味がある方は、
ぜひ、仙台中法人会の11月号会報誌を、ご覧くださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA