仙台市内のクリニック様にて、職員研修を担当しました

今週は、仙台市内のクリニック様にて、職員研修を担当しました。
今回は、これまで全6回シリーズで実施してきた
「会議ファシリテーション研修」の、実践発表。

総務、給食、清掃、看護、医事と、各部門の代表者に、
自部署内で実施した会議ファシリテーションについて、
報告発表をしていただきました。

皆さん、
●これまでの会議の課題
●どんな工夫をしたか
●今回、変化した点
などを、しっかりまとめて発表していただき、
ファシリテーターを務めた方からの声や、
会議やミーティングの参加者からファシリテーターへの声など、
細やかにご発表いただきました。

ファシリテーター自身からも
・ファシリテーターに挑戦しての感想
・今後、改善したいこと
など、今回の研修を反映して、
実施していただいた様子が、とても伝わりました。

「ただ受講して聴いて終わり」ではなく、
実践に結び付けての研修を開催してくださる、
こちらのクリニック様の度量に、毎回、感銘を受けます。

10年以上の長きにわたり、職員研修に携わらせていただく中で、
職員の皆様の成長も目の当たりにさせていただいております。

「教育・育成」とは、このようなことを言うのだなと、
あらためて感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA