賃金制度見直しセミナーをリモートで実施いたしました。

本日は、中小企業向けの賃金制度見直しセミナーを、任意の経営者勉強会向けに、リモートで実施させていただきました。

6名のご参加で実施をさせていただきましたが、事前に課題や質問を取りまとめさせていただき、それに回答していくカタチで進めたので、賃金制度のセミナーとは思えない盛り上がりとなりました。

あまりに盛り上がり過ぎて、予定の2時間を30分もオーバーしてしまうという状態に陥り、さらには途中、横道に逸れていくのを、止められないという…ホストとしてはあるまじき状態になってしまいました…

リモートの面白さや楽しさも感じましたが、参加費をいただいている以上、プロとして、場のコントロールのチカラをつけていかねば…と感じました。

賃金制度は、経営者向けでも、専門家向けでも、なかなか盛り上がらないプログラムなのですが、初めてのQA形式は、「すごくわかりやすかった」「具体的な総額人件費のコントロール方法が理解できた」と、反応も上々。

画面共有する際の、資料提示の方法は、もう少しリモートセミナー用に、わかりやすく修正しなくてはダメだな…という反省もありました。

リモートじゃなかったら、こんな工夫を、なかなかかけなかったかもしれないなと思うと、カイゼンというのは重要だなと、あらためて強く思います。

今回も、リモートは初めてという方もいらっしゃり、事前に電話でのサポートをしながら、アプリのダウンロードから、接続テストまでサポートさせていただき、本日に臨みました。

リモートワークに移行して、移動時間が圧縮されて、時間的な余裕ができているはずが、資料の作成しなおしから、このような事前の準備があり、なぜか忙しいです。

しかし、事前の準備をしていると、参加者の方も安心でしょうが、実施をする私自身が、何よりも安心します。

終了後、主宰してくださった経営者の方と、個別に面談をしましたが、ふと気づいたら、数時間立っていたという…
時間も区切っていかなくては、画面しか見ていないので、集中力が増し増しで、周囲が見えていませんね!

そしてどうも、リモートセミナーは、写真を撮り忘れてしまいますね…💦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA