最近、面白く感じているのは「給料の仕組みづくり」

昨日と本日は、人事制度関連に、どっぷりな二日間。

キャリアパスから業務分掌作成、評価表見直し、
給料の仕組みづくり、評価者研修…

ちなみに写真は、本日伺った、宮城県内製造業様の、二次評価者研修の様子。

最近、面白く感じているのは、増えてきた「給料の仕組みづくり」。

評価制度や賃金制度のように、
びっちりとパーフェクトな制度を設計するのではなく、
社長の考えた、給料の支払いルールや、採用時の給料額決定ルールを明確にすること。

小規模事業所様の場合には、
設計なんて大そうな事までは、まだ考えていないけれど、
それでもやはり、給料についての不満や疑問が従業員から出る…
だから、そんなルールを作るのです。

まだまだ、社長の肌感覚で給料を決めているし、
評価表で評価なんて、ウチの社員、やらないなー…
なんていう場合でも、なんらかのルールが欲しいもの。

いずれ、キャリアパスを設計し、
評価制度や賃金制度を設計するようになるまでの、ワンクッション。

仕組みの骨組みがあれば、機能します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA